複数の後遺障害がある場合

 

今日は、複数の後遺障害がある場合の運用についてご説明します。

 

後遺障害の「併合」とは,複数の後遺障害が認められた場合の等級の取り扱いになります。

 

自賠法施行令第2条第1項第3号には,自賠法施行令別表第二に定める後遺障害が2つ以上ある場合の取り扱いについて,以下のとおり規定しています。

 

⑴ 別表第二第5級以上の等級に該当する後遺障害が二つ以上ある場合には,重い方の等級を3級繰り上げる。

 

⑵ 別表第二第8級以上の等級に該当する後遺障害が2つ以上ある場合には,重い方の等級を2級繰り上げる。

 

⑶ 別表第二第13級以上の等級に該当する後遺障害が2つ以上ある場合には,重い方の等級を1級繰り上げる

 

⑷ ⑴~⑶以外の場合には,一番重い後遺障害の該当する等級を,2つ以上ある後遺障害の等級とする。

 

併合基準に照らすと,後遺障害の等級が第4級と第5級が認められた場合には,第4級を3級繰り上げて,併合により第1級となります。

 

後遺障害の等級が第7級と第8級が認められた場合には,第7級を2級繰り上げて,併合により第5級となります。

 

後遺障害の等級が第10級と第12級が認められた場合には,第10級を1級繰り上げて,第9級となります。

 

後遺障害の等級が第8級と第13級が認められた場合には,第8級を1級繰り上げて,第7級となります。

 

以上と異なり,第11級と第14級が認められた場合には,第11級のままであり,等級の繰り上げはありません。

 

すなわち,第14級の認定は,他の等級に影響しないので注意が必要です。

 

後遺障害の等級が認定された場合,認定された後遺障害等級に基づいて後遺障害に関する損害を算出することになります。

 

この認定された等級の内容は,後遺障害の逸失利益や慰謝料などに大きく影響していきます。

 

同じ等級でも,認定された後遺障害の内容によって,賠償額が増減される可能性も少なくありません。

 

私は、名古屋を含む愛知県・岐阜県・三重県などの交通事故を扱うことが多いのですが、複数の後遺障害がある被害者の方も少なくありませんので、常にこのようなルールを意識して対応しています。