相手の保険会社に治療費を打ち切ると言われたら

名古屋駅から徒歩0.5分の距離に事務所がある山田です。

 

インターネットでは,保険会社から治療費がいつまで払われるのか説明するサイトはたくさんありますが,打ち切りを告げられた場合の対処方法について説明している記事は,あまりみかけません。

 

そこで,まだ痛みがあって治療を続けたいのに保険会社から治療費の打ち切りを告げられてしまった場合の対処方法についてご説明いたします。

 

1治療費を支払ってもらえるのはいつまでか

 

そもそも,交通事故による怪我の治療費は,怪我が症状固定に至るまで支払ってもらえます。

 

症状固定とは,治療を受けても怪我の症状がよくならない状態や,治療の効果が一時的で症状が一進一退になっている状態をいいます。

 

言い換えれば,治療により症状が右肩上がりでよくなっていれば,症状固定ではなく,相手の保険会社から治療費を支払ってもらえます。

 

しかし,治療によっても効果が一時的で症状が一進一退な状態であれば,症状固定として相手の保険会社から治療費の支給が打ち切られ,その後の治療は自己負担となります。

 

言い換えれば,怪我が完治していなくても治療費を打ち切られてしまうということです。

 

そのため,交通事故の怪我が症状固定しているかどうかは,治療費の支払いにとって重要なポイントになります。

 

2 保険会社が不当に打ち切りをする場合,主治医の意見を聞いて保険会社と交渉する

 

症状固定の判断は,医学的な側面だけではなく法律的な判断もありますから,症状固定の判断は裁判所が行いますが,裁判所の判断には主治医の診断や意見が重要視されています。

 

そのため,保険会社も,主治医の症状固定についての判断を重視していることが多く,主治医が症状固定に至っていないと判断している場合には,保険会社は打ち切りを延長して,治療費を支払ってくれる場合があります。

 

したがって,保険会社から不当に打ち切りを告げられた場合には,速やかに主治医の症状固定の判断を確認し,保険会社に主治医の意見を伝えて打ち切りの延長を交渉することが考えられます。

 

3保険会社が打ち切りの延長に応じない場合

 

主治医が症状固定に至っていないと判断しているにもかかわらず,保険会社が打ち切りの延長に応じない場合,示談段階で治療費の支払いを求めたり,訴訟を提起して治療費の支払いを求めることになります。

 

ただし,この場合,保険会社から支払いを受けるのは,示談の合意,あるいは,裁判の結果がでてからになるので,それまでの間は,第三者傷病届を提出して健康保険を使うなどして,一時的に治療費を自己負担する必要があります。

 

もっとも,通勤中の事故や業務中の事故の場合には,労災への切り替えも選択肢の1つになります。

 

労災の申請が認められると,症状固定日までの治療費を全額支給してくれますから,被害者の自己負担はありません。

 

4不当に交通事故の治療費の打ち切りをされた場合には弁護士に相談してください

 

症状固定の時期は慰謝料にも関わってきますのでとても重要です。

 

痛みが残っているのに治療費の打ち切りを告げられた方などは,一度交通事故に詳しい弁護士に相談されるのをお勧めします。

 

また,医師が症状固定と判断する前に治療費の打ち切りを告げられないようにするためには,医師に症状を正確に伝えるだけでなく,保険会社との適切な対応をすることが重要です。

 

保険会社対応などに不安がある方は,事故直後の早い段階から,一度,交通事故に詳しい弁護士に相談するのをお勧めします。

交通事故について名古屋で弁護士をお探しの際はこちら