交通事故の賠償責任保険の制度

1 交通事故の賠償保険は2段階になっている

 

交通事故の賠償責任保険の仕組みは,2段階になっています。

 

自動車賠償責任保険(自賠責保険)と任意保険の2段階です。

 

1段階目は,自賠責保険であり,被害者の最低限の補償を図るための強制保険です。強制保険であるため,補償内容は最低限になります。

 

例えば,後遺障害の認定があるケース及び死亡事故のケース以外の事故の場合,,治療費や慰謝料などを合わせて120万円の上限の設定があります。

 

そのため,事故による怪我が大きい場合,自賠責保険の補償では十分な補償になりません。

 

この場合,2段階目として,自賠責保険の保険金額を超過した部分の補償について任意保険が対応することになります。

 

2 自賠責保険の補償の手続きと被害者請求

 

このように,被害者の補償は,原則論は,まずは自賠責保険による補償がされることになり,自賠責保険の補償額が上限に達して初めて任意保険が対応することになります。

 

ここで注意が必要なのは,自賠責保険と任意保険はあくまで別の制度になるということです。

 

すなわち,自賠責保険の補償を受ける場合,原則として,被害者が治療費を立て替え,その立替費用を自賠責保険に請求する必要があります。

 

これを自賠責保険の被害者請求といいます。

 

自賠責保険の手続上,原則の手続きは被害者請求になりますが,実務上の多くは,被害者請求の手続きをとっていません。

 

それは,以下で説明する加害者の任意保険会社による一括払い対応がされているからです。

 

3 一括払い対応とは

 

自賠責保険と任意保険は,あくまで別の制度であるため,保険金の請求のためには,原則として二種類の手続きを踏む必要があります。

 

しかし,被害者は,自賠責保険会社と任意保険会社のそれぞれに対して請求を行うとなると二度手間となります。

 

そこで,加害者加入の任意保険会社が,自賠責保険による補償部分を立て替えるという形で,治療費などを通院先の病院へ支払を行うのです。

 

これを一括払い対応といいます。

 

4 一括払い対応のメリット・デメリット

 

一括払い対応には,被害者側にも加害者側にもメリットがあります。

 

被害者としては,面倒な手続きから解放され,治療に専念できるというメリットがあります。

 

加害者側のメリットとしては, 任意保険会社としては,被害者から同意書をもらったうえで,病院に対して,被害者の怪我の具合や治療内容などを確認して,賠償の見通しを立てることができるというメリットがあります。

 

そのため,交通事故で怪我をした場合,一括対応になるケースが少なくありません。

 

5 被害者請求を検討する場合

 

一括払いが行われたとしても,加害者加入の保険会社が,治療費の支払を認めたことにはならない点に注意が必要です。

 

治療内容や治療時期について,被害者と加害者加入の保険会社の見解に争いが生じ,加害者の任意保険会社が治療費の支払いを拒絶することがあります。

 

その場合には,自賠責保険に被害者請求をするという方法が有効な場合もあります。

 

6 被害者請求の注意点

 

被害者請求をする場合,前提として,今までの治療費などの合計が自賠責保険の補償額の上限に達していないことが必要です。

 

また,自賠責保険の支払いにも審査がありますので,被害者請求をすれば絶対に保険金が支払われるというわけではありません。

 

事故状況,怪我の症状,治療状況や主治医の治療方針などの事情によっては保険金の支払いがされない可能性もあります。

 

そのため,被害者請求については,交通事故に詳しい弁護士に相談することをお勧めします。

交通事故について名古屋で弁護士にご相談をお考えの方はこちら