交通事故・労災事故と成年後見人

私は,愛知・岐阜・三重など東海北陸地域で,交通事故や労災事故の相談に数多く対応しています。

 

事故により重篤な症状が発生した場合,成年後見制度の利用を検討する必要があることがあります。

 

今回は,成年後見制度についてご説明いたします。

 

1 成年後見制度とは

 

成年後見制度とは、認知症や精神障害,交通事故の怪我の影響などによって判断能力が不十分な方々を保護するために、家庭裁判所に申請して,その方々を保護または支援してくれる人(成年後見人)を付ける制度のことをいいます。

 

2 成年後見制度の種類

 

成年後見制度には,法定後見制度と任意後見制度の2つの制度があります。

法定後見制度は判断能力が実際に衰えてから行うことができ、任意後見制度は判断能力が衰える前から行うことができます。

 

3 なぜ交通事故で成年後見人が必要なのか

⑴ 法律行為の有効性が認められない場合がある

 

認知症や精神障害,交通事故や労災事故の影響などによって判断能力が不十分な方は,法律上,示談をしたり財産管理をご自身で有効にすることができなくなります。

 

そのため,成年後見人が,判断能力が不十分な方の意思を尊重しつつ,示談をしたり,財産管理をするということが必要になってきます。

 

⑵ 悪徳な相手方に付け込まれないようにするため

 

加害者の側が,判断能力が不十分な方に付け込み,不当に低い賠償金で示談をさせるということも,考えられます。

 

そこで,成年後見人が関与することで,そのようなケースを阻止するということが必要になります。

 

4 成年後見人をつけないで示談をしたためにトラブルになるケースが増えています

 

近年,判断能力が不十分な方に成年後見人をつけないまま,加害者の側と示談をしたために,後から,示談の有効性が争点になり,裁判になるというケースが増えています。

 

そのような裁判の場合,裁判が長期化され,当事者の方の更なる負担が増すことが予想されます。

 

そのため,交通事故や労災事故の当事者が,認知症や精神障害,怪我の影響などによって判断能力が不十分な方々の場合には,成年後見人をつけるべきかどうか,医師や弁護士に相談してください。

 

なお,当法人のホームページの集合写真が新しくなったようです。

弁護士法人心のホームページはこちらです。