自賠責保険の調査

加害者が被害者の人身損害を賠償するための自動車損害保険は,自賠責保険(強制保険)と任意保険の2段階の立て付けになっています。

 

交通事故の被害にあったときに,加害者が自動車損害保険に加入しているかどうかが不明なときがあります。

 

加害者の任意保険会社の加入については,加害者に直接確認する方法が現実的です。

 

他方で,加害者が自賠責保険に加入しているかどうかについては,加害者に直接確認する方法以外にも確認する方法があります。

 

具体的には,交通事故証明書を取り寄せて,自賠責保険の加入歴を確認する方法です。

 

交通事故証明書は,自動車安全運転センターの都道府県方面事務所長が、警察から提供された証明資料に基づき、交通事故の事実を確認したことを証明するために作成する書面です。

 

交通事故証明書には,事故車両の自賠責保険の加入の有無が記載されています。

 

そのため,交通事故証明書の記載を手掛かりに,自賠責保険の加入の有無を確認することが可能です。

 

近年,自動車運転者の中には,任意保険のみならず自賠責保険未加入のまま,車を運転している方も増えてきているようです。

 

そのため,今後,被害者が,加害者の自賠責保険の加入の有無を確認する必要に迫られることも増えてくるかもしれません。

 

加害者が任意保険未加入あるいは自賠責保険すら未加入の場合に,被害者の損害をどのように補てんするかというのは,弁護士に相談するべき事項といえます。特に重傷を負っている場合には,どこから,どのように補償をうけるかというのは重要です。

 

愛知県は交通事故発生件数が多いですので,特に,ホットな話題だと思います。