代車料について

交通事故で車両が損傷して、その修理や買い替えのために車両を使用できなくなった場合、代車を借りることがあります。

今回は、その代車費用を加害者に請求できる期間について、ご説明いたします。

1 加害者に費用を請求できる代車利用期間は限られている   

代車代を支払ってもらえる期間は,「修理可能な場合には修理に必要な相当期間,買替が必要な場合には買替に必要な相当な期間」と考えられています。

すなわち,実際に修理や買替が終わるまでの間のレンタカー代を支払ってもらえるわけではありません。

2 車を修理する場合の代車利用期間

故障した車を修理する場合、修理の箇所や方法などにもよりますが、代車代が支払われる期間はおよそ1週間から2週間程度が目安と言われています。

3 買い替え・全損扱いの代車利用期間

故障した車を買い替える場合、代車代が支払われる期間は2週間から1か月が目安と考えられています。

4 代車の利用には注意が必要です

代車代が支払われる期間は限られており、「相当な期間」を過ぎてなお、代車を使用する場合には、自己負担になる可能性があります。

代車は、日常生活や仕事に直結する車の使用にかかわるものであり、代車費用が多額になることも少なくありません。

そのため、加害者が費用を負担する利用期間などについて、事前に加害者側と交渉をしておかないと、後から、多額の代車代を自己負担する危険性もあり、注意が必要です。

代車については詳しくは弁護士にご相談ください。